忙しい朝に最適な朝バナナダイエット

忙しい朝に最適な朝バナナダイエット

完全食品ともいわれるバナナを朝食にするのが、朝バナナダイエットです。

朝バナナダイエットは、いくつかのポイントを守ることで、ダイエットの結果をより引き出せます。

バナナを食べる量に決まりはありません。
ただし、必ず水分と一緒に食べてください。
できれば常温の水がいいです。
そして、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。
水を飲みながらしっかりと噛んで食べることが大事です。
バナナの栄養と水分で、からだを元気付け老廃物の排出を活発にすることがダイエットにつながります。

毎日バナナを食べていると、飽きてくることがあります。
そんなときには、他の果物に変えましょう。ただし、何種類もいっぺんに、ではなくて、あくまで1種類としてください。
朝バナナダイエットの基本は朝食をバナナに置き換えることなので、他の果物のときは気分転換、ぐらいにしておきましょう。

昼食は自由に食べてください。
夕食は早めに終わらせるようにしましょう。
夜に食べた物は、寝る前に消化してしまうことが大事です。

むくみと便秘に効果的な朝キウイダイエット

むくみと便秘に効果的な朝キウイダイエット

むくみや便秘にきく、朝キウイ置き換えダイエットの紹介です。

むくみの原因は、血液の流れがスムースじゃないために、老廃物が溜まって排出されないことによって起こります。
便秘は、腸の働きが不活発だったり、食物繊維が足らなかったりして起こります。

キウイには、むくみの解消に効果がある「カリウム」や、便秘解消に効果がある「食物繊維」がたくさん含まれています。
日頃、むくみや便秘に悩んでいる方も試してみてください。

さらに、キウイには、美しい肌作りに欠かせない「ビタミンC」、肌の老化を抑えて若々しく保つ「酵素」などです。
体の中の調子を整えるだけでなく、美容効果もあるんです。

朝キウイダイエットを行うときは、コップ1杯程度の水分と一緒に取ってください。
キウイは好みの量だけ食べて大丈夫です。
また、昼食と夕食は普通に食べます。

置き換えダイエットが初めての人におすすめです。

3日間がんばる!短期間にやせるりんごダイエット

3日間がんばる!短期間にやせるりんごダイエット

一気に、すっきりしたいというひとにお勧めなのが、3日間限定のりんご置き換えダイエットです。
何年か前に話題を呼び、大流行しました。
身近で手軽に手に入り、簡単においしくできるということで、あっという間に広がりました。

食事をりんごに置き換えるだけのダイエットなのですが、そのダイエット効果には、りんごに含まれる成分に秘密がありました。

秘密の成分は「ペクチン」「カリウム」「ポリフェノール」。

「ペクチン」には、糖分や脂肪分を体内に吸収しにくくする働きがります。
また、腸内環境を整えて働きを向上させ、老廃物の排出を促す効果もあります。

「カリウム」は、身体の中の余分なナトリウムの排出を促し、血液の循環をよくします。さらさらの血液で、体中の老廃物、不要なものを上手に排出する手助けをします。

「ポリフェノール」は、コレストロールを減少させる働きがあります。
さらに、老化を進める「活性酸素」を抑える働きがあるので、綺麗に痩せたいと願う人には欠かせない成分です。
赤ワインにも含まれているので知ってる方も多いでしょう


りんごダイエットの基本的なやり方は、朝・昼・晩の3食すべてをりんごに置き換えることです。
短期的に痩せたい人向けの方法なので、すべての食事をりんごだけで済ませてしまいます。
続けていくと栄養が偏ってしまうので、3日間限定としてください。
また、人によっては異変が現れることもあるので、少しでも体調に不安を感じたら中止してください。

腸内環境を整えるヨーグルトでダイエット

腸内環境を整えるヨーグルトでダイエット

ヨーグルトと言えば健康食品としても人気がある食品です。
ヨーグルトには、腸内環境を整える働きがあるビフィズス菌や乳酸菌などが多く含まれ、便のお通じを良くする働きがあります。
ヨーグルトで置き換えダイエットすればお腹の中も外もすっきりします。

ヨーグルトを飲むことで腸内環境を整え腸の活動を活発にします。
そうすると、基礎代謝量も増え、老廃物の排出や脂肪を燃焼する動きも活発になります。
体の中の不要なものがスムーズに排出されていくので、痩せやすい体質になっていきます。
体内からきれいにっていき、ダイエットに繋がるということで、ヨーグルトを積極的に取り入れている人が多いんです。

ヨーグルトを食事に置き換える場合、朝食に置き換えるのがベストです。
眠っていた体を目覚めさせ、活動を始めるときにヨーグルトを食べることで、体の活動を高めるとともに、腸の動きも活発にして排便のリズムを整えることになり、ダイエットにはベストタイミングになります。

「朝食はしっかりと食べたい」という人は、軽食や夜食に食べるようにしてください。
一般的にダイエットに間食や夜間の飲食はお勧めできませんが、カロリーが低く、消化も良いヨーグルトなら安心です。
ただし、糖分の含まれているものは避けましょう。

貧血も予防する豆腐ダイエット

貧血も予防する豆腐ダイエット

豆腐で一食置き換えダイエットすれば、貧血も予防できます
食事の際、主に炭水化物のご飯やパンといった主食、うどんやそばといった麺類などを豆腐に置き換えて行います。
日本人に馴染みが深い豆腐は栄養価は高いのにカロリーが低く、どんな食材・調理法とも使いやすく腹持ちも良いことから、ダイエット向きの食材として最適です。

豆腐の原料である大豆には、「大豆レシチン」「大豆サポニン」「ビタミンB」「鉄分」といった栄養素が含まれています。
「大豆レシチン」は、コレストロールや中性脂肪を減らす働きがあり、体脂肪を落としてくれる効果も期待でます。
コレと同じような働きをするのが「大豆サポニン」です。
コレストレールや中性脂肪を分解し、減少させ、脂肪の吸収を抑制する働きがある成分です。
「大豆サポニン」は、食べながら痩せるダイエットには重要な欠かせない成分です。
「ビタミンB」は、身体の代謝活動に欠かせない成分です。
脂肪やたんぱく質、炭水化物などの代謝を手助けします。
ダイエットには欠かせません。
「鉄分」を補うことで、カロリー制限をすると起こりがちな貧血を予防してくれます。

これらの成分の働きは、ダイエットを効果的に行うに必要です。
豆腐ダイエットはこれらの成分の働きを上手に利用して行うダイエットです。
豆腐の置き換えダイエットは、カロリーが高くなりがちな夕食で行うのをお勧めします。短期間に集中して行いたいという時には、朝食は普通の食事で、昼食と夕食を豆腐に置き換えるという方法もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。